Do you maggots understand that?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■1/20,1/21 大海戦

初日を書いてしまうと全部書かなければ収まりが悪いのでまとめて書きます。
二日目三日目は商会のメンバーと当日ペア艦隊とで出撃しました。

2日目は開始直前までペア艦隊が決まらずに難儀しました。
ペア推奨といいながら現状対人戦ではペア必須という状況なので
ペアが決まらなければNPC狩りをするしかないわけです。
必ずしも艦隊が偶数に収まるわけでもないでしょうから
きっと渋々NPC狩りに転じたり参加をやめた人もいることでしょう。

3日目はAFOK商会の艦隊とペアを組みました。
結果は以下のとおりです。

1/20 大海戦二日目結果
1/21 大海戦三日目結果

■二日目感想

二日目はペア艦隊に中型模擬等で対人経験のある人がいたようで
こちらで仕掛ける→やばいときは白兵でクリンチ→誰かが相手を沈めてくれる
といったひとつの形が出来上がりました。

■三日目感想

この日は正直いって艦隊メンバーおよび相手艦隊に申し訳ない結果になりました。
交戦艦隊・援軍艦隊の別の話合いをしなかったために
お互いに仕掛けてしまって孤立するケース
一方が解散してしまって援軍に入れないケースなど
戦闘面以外の面での失態を繰り返しました。

■考察・分析

大海戦に関しての記述です

旗艦視点で相手に回して楽な艦隊と、
きつい艦隊というのが当然存在するわけですが
きつい艦隊に共通して言えるのは
・有効なダメージを与えられる距離を知っている
・クリティカルに極度にこだわらない
といった特徴があります。

逆に楽な艦隊はというと
・とにかく船尾クリティカルを取れる位置にみんなで殺到する
という特徴が挙げられるでしょうか。

近すぎて連続白兵になって耐えられるというケースが多い場合
周りが見えていない証拠です。

5隻で囲んでいるような状況であれば
クリティカルが一発もなかったとしても横だけで沈みますし
それだけ全方位から撃たれれば回避動作中に誰かのがクリティカルになります。

おおよその目安ですが、射程距離の半分から手前側であれば
十分に有効なダメージがでるので
そのくらいの距離を開けて待機することと
誰かが待機していたらその人よりも距離を開けて待機することを心がけると
勝率がぐっと上がってくると思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://btsd.blog87.fc2.com/tb.php/13-a93df500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。