Do you maggots understand that?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バルティックガレオン first impression

というわけで実戦投入されたバルティックガレオンの所感です。
■実戦での大浸水

排水ポンプをつけているプレイヤーが皆無に近いことから
大浸水状態はきっちりと80秒90秒と持続することになります。

艦隊戦において見られた傾向は
・大浸水状態は見た目にわかりやすいため、声を出さなくてもターゲットが一本化される
・横からの砲撃で大きなダメージがでるのでコンボでの圧殺が増える
・中距離からのクリティカルでの取りこぼしが大きく減る
・白兵に逃げ込まれても横から有効なダメージがでる
といったところです。

大浸水を受けた側は、受けて大丈夫な攻撃・受けるとまずい攻撃の境界の変化に対応しきれなくなり
攻撃側は集中攻撃へと意識が向くので
大浸水になった船は相当な割合で沈んでました。

■徹甲弾を考える

徹甲弾の使用時の特徴を再確認すると
・スキルを発動させる
・クリティカルを入れる
という流れが必要になります。

貫通を使用して決定力を高めた状態と比較することになるので
まともなダメージと共に大浸水状態を狙うのは
戦列艦であれば撃沈できていた局面を逃していると考えられます。

バラ撃ち、船首・船尾砲でダメージ狙わずに大浸水にするのが
いまのところの運用方法といえるでしょう。

■感想

自分で決定するチャンスを捨てて、味方にパスを出す役割となる上
兵器技術R8という高いハードルがあるので
アタックよりもサポートに魅力を感じるタイプのプレイヤーしか乗らなくなると思います。
Notosの模擬でロワイヤル乗りがほとんど居ないのと同じ理由で
バルティックガレオンが登場する機会は少ないでしょう。

艦隊での運用を考えると
4,5番あたりに配置して船首クリティカルで大浸水を狙う
装甲と旋回の高い旗艦・機雷屋向けの船としてチャンスがあれば+αの要素として大浸水を狙う
といったあたりしか思いつきませんでした。

コメント

昨日の国模擬でバルティックを試す機会がありました。

自分の印象では

1:決定力不足
2:大浸水しても、通常の浸水より効果が少ない

この2点でした。
1は言うまでもなく4スロの為。
2は通常の浸水であれば間違いなく落ちてるであろう場面で
ほとんど落ちなかった場面がが目立ったという事です。
要検証ですが、2が事実だとするならば、アシスト役としても微妙な存在になり
ただのネタ船に成り下がるかもしれませんね。

  • 2007/04/01(日) 09:48:22 |
  • URL |
  • あきを #-
  • [ 編集]

>>Akiwoさん

私の印象も似たようなところです。
大浸水自体は怖いのですが
そこに持ち込むまでの段階で本来であれば決まってたのでは?
という思いはありました。

もう少し発動条件が簡単であればまた違う評価になるんでしょうけどね。

  • 2007/04/01(日) 16:13:15 |
  • URL |
  • バタ #wr80fq92
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://btsd.blog87.fc2.com/tb.php/22-07618853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。