Do you maggots understand that?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■艦隊運動 反航戦について

というわけで反航戦についてです。
各図はオレンジが自艦隊、ブルーが相手艦隊だと思ってください。
■反航戦について

反航戦の場合は
「相手の最後尾の船を捉える」のが一般的に有利な形となります。
03-01.jpg

■1番,2番艦の動き

先を行く船は相手の最後尾船に旋回を強要して切り崩すのが役割となります。
03-02.jpg

相手の移動も考慮した上で船首クリティカルを食らわないギリギリの角度で切り込み、
相手を旋回させて後続艦の戦列に船首を向かせます。

注意すべきは進路設定です。
03-02.jpg

図のように進路が交差すると内側の船は相手の戦列に船首を向けなければならなくなります。
進路の譲り合いはお見合いとなりかねないので、1番艦が最短ルートを狙い、2番艦以下は速度を維持しながら
1番艦の航跡をトレースすると決めておくと安定するかと思います。

砲撃は切り崩すべき船に集中し、速度低下を狙います

■3,4番艦の動き

1番2番の航跡をトレースするのがよいかと思います。
03-03.jpg

相手の最後尾を切り崩したくなりますが、ここの艦が最短ルートを通ると
先行している船が進路を譲るために速度を殺す、ぶつかって速度が死ぬ、相手の戦列につっこんで船首クリが入らないように祈る
と艦隊運動をぶち壊す可能性がでてきます。

■5番艦の動き

最後尾として相手からの切り崩しを受ける立場になります。
基本的には速度を重視した上で外に出ることを考えます。
03-04.jpg

こうすることで相手の進入角度をゆるくできる=自艦隊先頭が相手の船尾を捉えやすくなります。
つかず離れずという距離感が重要であり、
近すぎれば相手の先頭艦に旋回を強要されて相手に包囲されますし、
遠すぎれば孤立したところをやはり包囲されてしまいます。

どうしてもこの展開が苦手な場合は
開幕直後、相手の装填が終わる前に全艦反転して同航戦(追走)に持ち込むのもいいでしょう。

続きは乱戦・混戦についてです

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://btsd.blog87.fc2.com/tb.php/27-3396408e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。