Do you maggots understand that?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■艦隊運動 乱戦・混戦について

というわけで乱戦・混戦についてです。
各図はオレンジが自艦隊、ブルーが相手艦隊だと思ってください。
■乱戦・混戦について

乱戦・混戦の場合は
「多数で少数を囲む」のが一般的に有利な形となります。

外からの支援がある艦隊戦で一定レベル以上の操船テクニックを持つ人を相手にした場合は
2vs1で沈めるには相手のミスか運に頼る部分が必要となるので
多数=3隻以上と考えてください。

乱戦・混戦時に意識しておきたい点は
・複数のグループに分かれた場合、自分が有利ならばどこかで味方が不利な戦場が生まれている
・艦の価値は平等ではない
ということです。

これは
4:1で敵の僚艦を囲み、白兵後の撤退クリティカルを狙っているうちに
味方の旗艦が沈められてしまうというケースです。
04-01.jpg

艦の価値としては
1.旗艦(勝敗に直結)
2.戦闘能力が高い艦(カロネ砲術家、ロワ等。相手の攻撃力が大きくダウンし、また沈めやすい)
3.支援能力が高い人(料理や外科は負担が集中しがちであり、相手の防御力が大きくダウンする)
4.防御能力が高い艦(沈めにくい反面、攻撃力を犠牲にしていることが多く2~3ほどの脅威にはならない)
といった序列になるでしょうか。

船を沈めれば有利になるのは事実ですが
1:4の戦場に旗艦を放置してまで狙う価値があるかは十分に考慮する必要があります。

■乱戦・混戦時の発想

乱戦・混戦時に大切なのは局所的に数の優位性を確保して攻めることです。
そのためには戦況を見渡す能力と目の前の戦場を捨てる勇気が必要となります。

■戦況を見渡す

自分の周囲に味方がどれだけいるかを把握する必要があります。

攻めの状況(味方≧敵)の場合
味方1名 - 2名以上の味方がいるところに合流を考えます。1on1はあまり意味がありません。
味方2名 - 1,2回程度白兵浸水クリティカルコンボ、十字砲撃を試み、
     撃沈できなければ2名以上の味方がいるところに合流します
味方3名 - 絶対有利な戦場なので維持しつつ味方の合流を待ちます
味方4名 - 残り1名が圧倒的不利な戦場に取り残されていないか確認して
     フォローが必要ならば助けに行きます
味方5名 - ガンガン攻めてください

細かく例を書いてはみましたが
・攻めるならば3名以上
・1名で孤立する仲間を作らない

この2点を意識するだけでも有利な状況で戦うことができ、
また圧倒的不利な状況で戦うことがなくなるでしょう。

■戦場を捨てる

数の優位性を確保しないままにだらだらと戦闘を続けるのは非効率的なので
戦況を判断して「合流」「維持」のどちらをとるか考えます。
維持はさほど苦労しませんが、合流の場合は物理的、精神的に難しい場合があります。

・メリーゴーランドから抜け出せない

1on1をしかけてきた相手を振り切れずにずるずると1on1を続けてしまうことがあります。
この場合は自分の船が戦場方向に向いたところで射線またぎを行うことで
悪い流れを断ち切ることができます
04-02.jpg

・併走から抜け出せない

至近距離で併走状態となり、どちらも舵を切れないままにライン際まで硬直することがあります。
この場合は投錨を使って速度を急速に落とすことで抜け出すことが可能となります。
1度メリーゴーランドにもちこんでからの射線またぎで味方のほうへと行くことができます
04-03.jpg


・2on1から抜け出さない

有利かつ撃沈の可能性もある2on1を捨てるのは勇気が必要ですが、
ある程度のレベルであれば相手のミスを期待しなければなりません。

・白兵から抜け出さない

白兵に自信がある、混乱白兵に持ち込めた際にはついつい突撃を連打しがちですが
たとえ混乱白兵であっても艦隊戦において拿捕にいたることはまずありません。

まずはここまで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://btsd.blog87.fc2.com/tb.php/28-26bf9be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。