Do you maggots understand that?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ラ・フロータカップ in Zephyros 観戦記

自身も本番目前なんですが
余所のサーバの艦隊戦の最先端状況を見るまたとない機会なので
Z鯖大会を観戦してきました。
■砲撃偏重

装甲戦列艦の登場以来顕著な傾向ですが
Z鯖でもロワイヤル、重ガレアスによる白兵圧迫戦術は下火になっているようです。有力艦隊の装備を確認してましたが
ほとんどが強化ブーツ、マレシャルキュイラス、強化両手による防御力強化で
白兵防御力200overとなっていたのも影響しているでしょう。

■特殊煙幕弾

Z鯖観戦で目を引いたのは特殊煙幕弾をつけた装甲戦列艦に
砲術家が乗るスタイルを採用している艦隊がいたことです。
3秒装填が可能でカロネとキャノンの世界に慣れたプレイヤーの虚を突くことができますし
回避や二連弾防御をクリティカルならば確実に、横からでも一定確率でキャンセルできるので
固いプレイヤーを囲んだ際には非常に有効みたいです。
(数隻に囲まれた中で回避と二連弾防御を入れなおすのは相当大変ですよね?)
ただし、単体ではモクモクさせる程度の価値しかなく、
高火力のキャノンを強化するサポート的な位置づけになるため
キャノン使用の僚艦との高度の連携が求められることとなります。

■司令塔

準決勝クラスの艦隊はほとんど採用していました。
極DEF装備とあわせて白兵面での死角がなくなるので
常時稼動する固定艦隊ならば修理支援と同格と考えてもいいかもしれません。

■フィリバスタ

決勝トーナメントに残った艦隊に、フィリバスタが圧倒的に多かったのが印象的でした。
装甲戦列艦時代において操舵の重要性を高く評価した結果だと思います。
E鯖では賞金稼ぎの再評価、Z鯖ではフィリバスタの評価向上という動きが進んでいる一方
N鯖では相変わらずの上級仕官優勢という状況です。
これはN鯖の戦術研究が遅れているというわけではなくて、
強さを求める際の姿勢の違いにあると分析しています。
N鯖の古参軍人はスキルや装備による個々のスペック強化を軽視する傾向が強いので
操舵優遇域のメリットを享受できる人が少ないのでしょう。

■防御は最大の攻撃、インを制するものは世界を制する

E鯖、Z鯖ともに直近の大会決勝ではインvsミドルという組み合わせとなり、
両鯖ともイン側が勝利しています。

装甲戦列艦の登場とマレシャルキュイラスの普及により
カロネードによるスナイプの価値が大きく下がったことが一因でしょう。

イン、ミドル、アウトの有利不利に関してはN鯖大会の結果を踏まえた上で
きっちりと分析するつもりでいますが、
高い回避能力を前提としてインファイトに長けた艦隊が現在の仕様では強い艦隊である
というのが率直な感想です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://btsd.blog87.fc2.com/tb.php/41-03c09f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。