Do you maggots understand that?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■英国土曜模擬

あけましておめでとうございます。
運営上の制約がネックとなって参加できずにいた土曜模擬に久々に参加し
実に7時間にわたって模擬を行う脳筋っぷりを発揮してきました。

今回は他国からの亡命者が参加しており、
他国との違いなんかの話もいろいろとできたので
そこを踏まえて現状を分析してみたいと思います。

辛口の内容となるとは思うので読む前にご注意ください。
■英土曜模擬の特徴

他国の模擬集団と比較すると砲撃での一発狙いの比率が高いです。
構成比でみるとイン2 ミドル5 アウト3といった具合です。

回避技能やクリティカルを当てる技能といった個人技は他国と比べても高水準ですが
連携と支援に関しては厳しいものがあります。

■英土曜模擬の孕む問題

①模擬戦の垂れ流し

反省会がまったく機能していません。
個々の艦隊レベルでも足りませんが、相手からの指摘が一切なされず
その結果として撃沈数という単純な数値でしか自己評価ができません。

今回の例で言えば特殊煙幕弾を使ってきたプレイヤーがいましたが
その使い方については「相手がどういうときに嫌だと思ったか」
というフィードバックがないと戦術に組み込むレベルにはならないでしょう。

②砲撃偏重の分かりやすい戦闘展開

連携意識が育たない土壌のため
白兵や機雷の使用を双方が嫌がって砲撃による戦闘展開に必ず落ち着きます。

そのため他国に比べると「修理しかできない人」の比率が高いです。
なぜ支援量が増えないかと言えば外科や機雷の使用量が少なくて済む戦いを
お約束のようにやるからです。

■指摘事項

・インが少なすぎるために連携が成立しにくい
・修理以外の支援が極度に少ない(白兵や機雷が少ないから練習機会がない)
・反省が機能しないために同じことを繰り返している

■どうでもいいけど

参加したけど次週の運営は無理だからダイス振らないっていう理論は理解不能です。
あらかじめ分かっているならばその週は参加資格がないわけですし
後から予定が変わったのならば代役を立てるべきでしょう。

コメント

隔週でしか出られない人が出られなくなったり
その辺の対応を色々処理するのは面倒だから
みんな善意で協力し合おうというコンセプトなんだと思います

反省会については全くおっしゃる通り
なんか良い案ないでしょうか

  • 2008/01/07(月) 00:45:34 |
  • URL |
  • 英模擬参加者 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://btsd.blog87.fc2.com/tb.php/45-29209c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。